年々下がる設置費用

太陽光発電システムが注目されている理由

 太陽光発電という物は以前ら存在していましたが、導入費用が高すぎることから、あまり注目される存在ではありませんでした。

 しかし、2011年の東日本大震災で日本の電力は大きなダメージを負いました。原子力発電の危険性や先行きの不透明さなどが人々に不安を喚起し、太陽光発電が急速に注目を集めました。

 また、政府が太陽光発電設備の導入に際して補助金を支給する制度を設けたことも人気に拍車をかけました。政府内で決められた予算に達すれば補助金制度は打ち切られるため、多くの人が導入を検討し始めたのです。

太陽光発電の設置費用が下がるわけ

  政府が補助金を出すことにより導入希望者が増え、そのことによって市場は活性化し、ソーラーパネルの生産も増えることが価格の低下につながりました。1、2年前までは一般家庭にソーラーパネルを設置するためには200~250万円ほどの費用が必要で舌が、現在では安いものでは100万円、一般的なもので150万円という価格にまで下がったのです。導入希望者にとっては非常にありがたい話です。

① 補助金の適用を制限

 この価格設定には政府の方針が関係しています。国が補助金を支給するわけですが、この金額以内に収めなければ補助金は出さないという明確な金額を定めているのです。このことによって、販売店がいやでも価格を下げなければならない状況を作っているのです。政府としては環境問題対策の為のクリーンエネルギーの普及や、災害の際に役立つ再生可能エネルギーの普及を目指しているので、このような政策によって目的の達成を図っているのです。そしてそのことが結果的に消費者も恩恵を得られるようになったということです。

② メーカー間の価格競争

 このことに加え、ソーラーパネルを製造する会社の事情も絡みます。国内ではシャープ、京セラ、三菱、パナソニックの大手4社が市場を担っていましたが、近年になって世界各国の優秀なメーカーが進出してきたのです。このことの背景には、ヨーロッパのエコ先進国が、国内での普及をある程度終えて販売先として国内から国外に目を向け始めたことと、日本では震災後に太陽光発電が注目されると言うことに目を付けたためです。

 それによって価格競争が起きたため、優秀なメーカーであっても価格を下げざるを得なくなっているのです。とくにアジア圏のメーカーの価格の低さがそうさせています。

 政府の方針と、企業間の価格競争により、消費者にとっては非常に強い追い風が吹いています。導入するならば今をおいて他にないかもしれません。

太陽光発電システムを
格安で購入する方法メニュー

ページのトップへ戻る